△△△


宇都宮白楊クラブ・ヴォルツ 東日本TCL2016 第1節 湘南フジクラブ戦 結果

photo9月18日(日)東日本TCL、2年目を迎える白楊RFC・ヴォルツは、湘南フジクラブと対戦
時より強い雨が降る中の初戦、湘南フジクラブのキックオフで試合開始。
前半3分、敵陣中央で得た反則をセンター鈴木真成がPGを成功させ3−0と先制する。
しかし、9分、反則を重ね自陣ゴール前のスクラムからナンバー8の突破を許し左中間にトライを許し3−5と逆転される。
嫌な流れになったが、11分に自陣からBKに大きく展開し、センター鈴木真成がラインブレイク、そのまま右隅にトライ8−5とすぐ逆転した。
35分にFW、BKが一体となりボールをつなぎ、右ウイング福田信樹が中央にトライ、ゴール成功。15−5で前半終了。
後半、1分にBKの展開からインゴール右隅に蹴り込まれたボールをフルバック有馬が押さえてトライ、ゴール成功で22−
これで試合のペースを掴んだかに思えたが、雨によるハンドリングエラーと反則が重なりペースを掴み切れずノーサイド。
課題の多い試合となったが初戦を勝利する事が出来た。

次節は10月16日(日)14時キックオフ 佐野運動陸上競技場で新潟アイビスと対戦する。