△△△


早稲田の敗戦

今年も残すところわずかになりました。皆様には対への世話になり改めて感謝申し上げます。

高校ラグビー全国大会も始まり、本県代表の国学院栃木高校も1回戦を突破しました。2回戦もがんばってくれるものと期待してます。

いつもの年ですと、正月は2日に高校のOB戦をやって、それからテレビで学生選手権を見てるのですが、常連の早稲田があっけなく2回戦で敗退してしまい、いささか拍子抜けをしてます。

自分の母校だからというわけではありませんが、少し寂しいですね。

問題は早稲田の任期に依存してる現在の日本のラグビー界がこの問題をどう捉えるかでしょうね。

先日の読売新聞の連載で、高校ラグビー部が消滅するというかなりショッキングな記事が出てました。

一部のトップチームだけが全国大会目指してひた走り、その他多くの高校は部員が集まらずひっそりと廃部になってゆく、それが当たり前になってしまう光景が怖いですね。

県内の高校も大部分で当てはまります。底辺を広げなくてはと関係者は必死になってます。でも、打つ手が無い、打ち尽くした、そんな虚しさを感じることが現実です。

しかし、あきらめるわけには行きません。来年こそはとしつこく夢を追ってみましょう。あきらめなければ良いこともあるかも。

来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

良いお年を。